上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読売新聞夕刊掲載の
二宮の舞台『見知らぬ乗客』の記事です。

讀賣新聞的夕刊刊載了
二宮主演舞台劇「陌生乘客」的報導
090715NINO-1.jpg
要求に応え 個性も出す
 ヒチコック監督のサスペンス映画を舞台化した「見知らぬ乗客」が、
18日から8月11日まで、新大久保の東京グローブ座で上演される。
人気グループ、嵐の二宮和也が4年ぶりに舞台に主演する。(多葉田聡)

 資産家の息子、ブルーノ(二宮)は、
列車内で若い建築家ガイ(内田滋)と出会う。
妻が浮気したが離婚に応じようとしないと聞かされたブルーノは、
自分の父を殺してくれればガイの妻を殺してやると“交換殺人”を持ちかける。
原作はパトリシア・ハイスミスで、1951年に映画化された。

 早くから演技力が注目され、蜷川幸雄(映画「青の炎」、
舞台「シブヤから遠く離れて」)、倉本聰(ドラマ「拝啓、父上様」)、
クリント・イーストウッド(映画「硫黄島からの手紙」)
らの作品に出演してきた二宮。これまでは「すごく余裕がある」
巨匠の下で伸び伸びと演技してきたが、今回演出する米国人、
ロバート・アラン・アッカーマンはかなり勝手が違った。


 「すごく細かくて、ついて行くのが精いっぱい。
言われたことに対応する力があまりないので、昔なら、ふてくされてましたね」

 内向的な若者役のイメージが強いが、演技へのこだわりは人一倍。
かつては、言われた通りに演じるだけなら自分でなくてもいいと、
演出家に反発したこともあったという。その一方、
ほとんどリハーサルをせず、本番の撮影に入るイーストウッド監督
の現場に戸惑う年上の俳優もいるなか、
「僕としては、うれしい」と平然としていた。

 しかし、嵐がデビューして今年で10周年。
26歳になり、さまざまな現場を経験したことで、演技に対する考え方も変わった。

 「言われた通りにできなければ、
自分がやりたいようにもできない。
言われたことを『はい、はい』と聞いて、
その通りにやれる人が実は一番すごいのかも」

 演出家の要求に応えながら自分なりの個性を出す――。
そんな思いで、なぜブルーノが父親を殺したいほど憎むのか、
「台本の裏を一生懸命探る」毎日だ。

 「今までは、自由に動かしてくれる大将が後ろにいた方が動きやすかった。
けれど、今度の大将はいろんな戦略を緻密に立ててくれる。
それを聞いたうえでプラスアルファを表現できたら、
この舞台をやった意味があるのかな」
2009年07月15日

090715NINO-2.jpg
隱藏

TrackBackURL
→http://matsumotoling.blog10.fc2.com/tb.php/104-400bf25d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。